ドローンのお仕事|免許・資格制度の必要性や規制法律を前提とした可能性

ドローンのお仕事|免許・資格制度の必要性や規制法律を前提とした可能性

ドローンの免許資格制度の必要性

みなさんこんにちは。

このサイトではドローンのお仕事、ドローンの職業としての可能性や免許・法制度など世の中の仕組みについても紹介してゆきたいと思います。

さっそくですが、今現在の段階では、ドローンを操縦する際にバイクや自動車運転免許のような国の資格は無いんです。(農薬散布をのぞく:これは後日詳しく解説します)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

現在のドローンの免許や資格は、あくまで民間資格となっています。

ドローンを飛ばす際に、定められた法律をきちんと守ってさえいれば基本的に誰でも飛ばすことが出来ます。

例えるならば、自転車(チャリ)と同じようなカテゴリーですね。

 

「ドローン イラスト」の画像検索結果

 

しかし、その自転車だって最初はだれでもうまく乗ることはできないですし、交通ルール(道路交通法など)を守らないとお咎めをうけてしまいます。さらに事故など起こしてしまった日には・・・。

 

「ドローン 事故」の画像検索結果

 

さらにドローンは、空を飛ぶものです。

 

航空機のひとつなのです。ジェット機やヘリコプターと同じ世界のものを免許無しで動かすと考えると、おのずと緊張感が湧いてくるのではないでしょうか。

 

「ドローン 飛行機 衝突」の画像検索結果

 

 

ドローンの免許資格制度が無いことによる恐怖

例えばあなたが新品のドローンを購入し、法律で許可された地域でさっそく飛ばしていたとします。

 

「ドローン イラスト」の画像検索結果

 

50メートルくらいの高さまで飛ばしていたところ、急にヘリコプターが近づいてきました。

 

「ヘリコプター イラスト」の画像検索結果

 

危ないと思って機体を降ろそうとしたしたところ、あやまって方向レバーを操作してしまい、ヘリに向かって飛んでいってしまいました。

そしてなんと、ヘリのプロペラと接触してしまい、ヘリのエンジンは停止し、その後ヘリは急降下して墜落してしまいました。。

 

「helicopter drone crash」の画像検索結果

 

なんていうことも大いに起こり得ます。

もちろん、ドローンを飛ばす高さとヘリが飛ぶ高さがそうそう交わるということは今のところありませんが、急患の搬送や災害時にはヘリコプターは思わぬ空域を飛行していますので、このような事故の可能性は否定できません。

 

 

ドローンの免許資格制度を支える規制や法律

現在のところ、ドローンを利用する際の国家資格は存在していないことは前に述べた通りです。

しかし、ドローンを飛行させる際の法律はきちんと定められています。

 

その中心となるものが、航空法です。

 

ドローンを飛行させる際の細かな規定が記されており、それを守らなかった場合には航空法違反となり捕まってしまいます。

また、航空法以外にも、型無人機等飛行禁止法、電波法、道路交通法、民法など、そして各都道府県で定められた条例も存在します。

このような規制・法制度のもと、ドローンを安全に運航させることが必要です。

 

ドローンの免許資格制度のある明るいドローン前提社会

これまでドローンによる事故の怖さばかりを書き続けてしまいました。

しかし、このようなドローンを飛ばす際の危険性をしっかりと認識し、安全に飛行させることができる技術や知識を持った人がドローンを扱うことができる、という社会になれば、様々な可能性が世の中に広がってきます。

なかでも最も活躍が期待できるのが、仕事におけるドローンの活用です。

 

ドローンの免許資格から広がる仕事としての可能性

これまで人手では出来なかったことや難しかったことが、ドローンによって可能になってきます。

これまで考えもつかなかったような分野で、ドローンを活用することによって新たな仕事の機会が沢山生み出され、多くのビジネスチャンスが生まれることが期待されています。

以下に、具体的な仕事の分野別に、それぞれのドローンの活用による可能性について列挙してみます。

国内初!ドローン業種専門の人材派遣・紹介情報サイト【スカイエージェント】

 

ドローンの免許資格から広がる仕事 その1  測量・建設

土地や建物を測量する際は、これまでは測量士の方が測量機器を用いて作業を行っておりました。

高所や広大な土地を測量する際には、その分時間も労力も掛かってしまい、作業をされる方にとっても、運営する企業にとっても大きな負担となっていました。

しかし、これらの作業をドローンによって代替させることが可能です。

i-construction(アイ・コンストラクション)といって、建設現場に最新のICT技術を導入することで建設生産システムの向上を図ることを推進しており、ドローンもICT技術のひとつとなります。

 

「ドローン 測量」の画像検索結果

 

これまで、数百から数千に及ぶ地点を測量するためには10日ほどかかっていましたが、ドローンを活用することでわずか20分程度で行うことができます。

しかも、ドローンで空撮した画像データから測量データの3D画面を作成することも可能です。

また、ドローンを使えば竣工時の検査に必要な項目を半分ほどに削減することが可能です。道路延長工事を例にすると、これまでの大量の提出書類の9割ほどが削減できると言われています。

国内初!ドローン業種専門の人材派遣・紹介情報サイト【スカイエージェント】

 

ドローンの免許資格から広がる仕事 その2  点検

トンネルや橋梁などインフラの点検にもドローンを活用する動きが盛んになっています。

2012年12月2日に発生した、「中央自動車道笹子トンネル天井板落下事故」がきっかけとなり、2014年7月1日より、全国にあるトンネルや2メートル以上の長さの橋梁については、5年に1度点検を実施することが国により義務付けられました。

しかしながら、危険な高所での作業や莫大な費用が必要となることや、近接目視で数ミリ以下の裂け目を見つけ出すことのできるベテラン技術者の減少などから、この分野においても国によるドローンの活用が推進されています。

ドローンに搭載された高解像度カメラで撮影された膨大な数の写真データから、わずか数ミリ以下の裂け目まで検出することが可能となります。

 

「ドローン 点検」の画像検索結果

 

また、ドローンの安定飛行の制御技術が急速に進化しているため、多少の風でもあおられることなく姿勢を安定させることも可能です。

最近では防水型のドローンも開発されており、将来的には全天候型の点検用ドローンが開発されるだろうと言われています。

国内初!ドローン業種専門の人材派遣・紹介情報サイト【スカイエージェント】

 

ドローンの免許資格から広がる仕事 その3  農業

農業については大きく分けて2つの分野でのドローンの利用が考えられます。

一つが農薬散布で、もう一つが精密農業です。

ここで注意が必要なのは、農薬散布でドローンを利用するためには別途国の資格と許可の取得が必要であるということです。

 

農薬は劇物・毒物ですから、当然規制が厳しいということは言うまでもありません。

 

「ドローン 農薬散布」の画像検索結果

 

農林水産省の関係団体である、農林水産航空協会の認定講習を受講することが必須となり、その後農薬の散布や農薬の購入に関しても別途農林水産航空協会への許可申請が必要となります

 

もう一つが、精密農業と呼ばれる分野です。

こちらは、種まきや肥料の散布、そして作物の生育状況のデータ取得やデータ解析をドローンによって行うというものです。農薬散布とは異なり、こちらは農林水産航空協会への許可申請は不要となります。

 

「drone agriculture」の画像検索結果

 

ただし、ドローンを飛行させるわけですから、航空法や関係する法律や条例を遵守することは大前提として必要です。

国内初!ドローン業種専門の人材派遣・紹介情報サイト【スカイエージェント】

 

ドローンの免許資格から広がる仕事 その4 物流

これは有名なドローン活用の例なので、ご存じの方も多いと思います。

そうです。ドローンによる物流=配送のことです。

2020年、東京オリンピックの年には、ドローンによる都市部における配送を実現すると現政権が方針を打ち出しています。

これまで国は様々な実証実験を行い、民間企業の楽天や日本郵便、そして携帯電話大手3社などもこの取り組みに参加して様々な検証実績を残してきています。

また国は、「空の産業革命に向けたロードマップ」を作成し、2020年へ向けて着実にその準備を進めています。

そのステップの一つとして、まもなく、離島や山間部に限定された補助者無しでの目視外飛行についての要件がリリースされると言われています。

 

「drone delivery」の画像検索結果

 

陸の孤島といわれるような過疎地域や、災害時に取り残された集落への物資の搬送において、ヘリコプターや飛行機よりも簡単に離着率ができるドローンを活用することで、大きな利便性の向上が期待できます。

国内初!ドローン業種専門の人材派遣・紹介情報サイト【スカイエージェント】

 

ドローンの免許資格から広がる仕事 その5 空撮

そして空撮です。

映像クリエーターやカメラマンの方がドローンを活用して、なかなか人間がたどり着けない場所からの映像を撮影するといったことです。

鳥の群れと一緒に飛行したり、とても人が登れないであろう断崖絶壁から下界を見渡したり、このようなシーンの4K画像などを見たことがある方も多いのではないでしょうか。

 

「ドローン 映像」の画像検索結果

 

これまでの空撮といえば、もっぱらセスナ機やヘリコプターから撮影したものが主流でした。

しかし、セスナ機やヘリを飛ばすには手間も費用も相当かかってしまい、万が一の危険とも常に隣り合わせという、とてもハードルが高いものになってしまいます。

そこで、空撮の世界に革命をもたらしたのがドローンなのです。

 

重量わずか1キロにも満たないようなドローンを活用し、危険な場所でも比較的簡単に近づくことが可能になり、さらに高解像度カメラを搭載することで、素晴らしい映像の数々を気軽に撮ることができるようになりました。

 

また、映画やドラマの撮影において、クレーンに乗って高所を移動しながらカメラ撮影をすることがありますが、この撮影をドローンによって行うということも既に始まっています。

もちろん、世界遺産や重要文化財など、撮影が制限されるところもありますので、航空法だけでなくその他の法令や規則についても事前にちゃんと調べておく必要があります。

このような貴重な映像を、テレビや映画で放映したり、素材として人々に提供したりというビジネスも急速に発展しつつあります。

国内初!ドローン業種専門の人材派遣・紹介情報サイト【スカイエージェント】

 

今後ともよろしくお願いします

 

いかがでしたか?

今回は初回ということで、ざっとドローンのお仕事にまつわる概要について説明させていただきました。

今後、様々なドローンのお仕事にまつわる話題について、深く掘り下げていこうと思います。

ひきつづき どうぞよろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村